女性用バイアグラを購入したら半分に分割して服用

バイアグラは日本では専ら男性専用の医薬品ですが、外国では男性用だけでなく、女性用バイアグラに位置づけられている医薬品も開発されており、規制当局から承認を受けて販売されています。外国で販売されているの女性用バイアグラの錠剤には50mg錠と100mg錠がありますが、日本の女性の場合は50mg程度の投与で十分な効果が発揮されるといわれており、この製品を取り扱っている医薬品の通販サイトの殆どは、50mgタイプのものを購入してそのまま1錠ずつ服用するか、100mgタイプのものを購入後、ピルカッターなどで錠剤を半分に分割して服用することを推奨しています。
なぜこのような方法が推奨されるのかというと、これは日本人が外国人と比べて体格が小さいことに起因します。一般的には、ある医薬品を投与する際には、体格が大きい人ほど、多くの量を投与しなければ十分な薬効が得られないといわれていますが、これにも限度があり、一定の量を超えるとそれ以上投与しても薬効が強くならず、副作用が発現するリスクのみが高まっていきます。これは見方をかえると、体格が小さい人に体格の大きい人に投与する量と同じだけの量を投与すると、薬効は十分に得られる反面、副作用の症状が出る可能性も高くなるということでもあります。外国人より体格が小さい日本人の女性は、女性用バイアグラの100mg錠を1錠そのまま服用すると、頭痛やめまい、動悸などといった症状だけでなく、心筋梗塞や不整脈、脳出血などといった心血管系疾患や、突発性難聴などといった重い症状が出るおそれがあるので、通販サイトで注意されている事項を守って、1回あたり50mgずつ投与するようにしましょう。