日本の女性用バイアグラの名称や効果、使い方

日本での女性用バイアグラと呼ばれる名称の医薬品は、男性が精力増強のために用いるものとやや意味合いが異なります。
これは、女性の性的な欲求や快感を満足させるために開発されているのですが、一般的に用いられるバイアグラと同じ主成分が配合されています。

女性用バイアグラの使い方は、女性が性交渉を行う約1時間ほど前に1錠を服用します。
そうすることで、膣内や外陰の血流が改善されてくるので、潤いを感じるようになるだけではなく、女性が性交中に感じる性的快感を上げる効果が期待されています。

しかも、女性用バイアグラによって膣内に潤いが増すため、挿入の際に感じる痛みがなくなります。
一方では、性的快感を不使用時よりも感じやすくなるので、以前よりスムーズになって来ます。

しかし、女性用バイアグラはバイアグラと同じように精力増強剤として用いる意味合いとは少し違います。
この女性用バイアグラは、性交渉時に女性の膣内、外陰に血液が廻るようにすることが出来ることで、絶頂不全や不感症に悩んでいる方の悩みを改善するために用いられる治療薬です。

その点を注意した上で、悩みを抱えている方に向いているのが日本で販売されている女性用バイアグラです。
使用する際には、注意書きに沿って用法、用量を正しく守って下さい。
国内処方されている製品は、50mgが最大の錠剤ですが、身体の小さい日本人には、50mgで十分な効き目があると言われていますので、適量を用いることで効果が実感できるようになります。
効果を充分に感じるためには、空腹時の服用がお勧めです。
さらに、服用の際に空ける間隔ですが、24時間を目安とする必要があります。
効果が体感できないからと、多く飲んだり時間を短くしたりして自己判断で飲まないように注意をしましょう。